義父に逆らえない人妻は自ら求めるように

昔はよく義理の父親というのは絶対的な存在でした。逆らってはいけない存在として家族で一番強い存在だったといわれております。そんな状態の中で若い体を求められるのは仕方がないことなのかもしれませんね。

はじめは多少の抵抗はしましたが、風呂場で義理の父親の背中を流すのが当たり前となっている状況ではどうすることもできないのです。

もはや愛した旦那よりも回数をこなしていることもあり義父とのエッチのほうが燃え上ってしまっている状態となってしまっております。自分の体が旦那ではなく義父色に染まってしまっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加