ジェネリック医薬品とは

今は色々な種類のジェネリック医薬品が誕生しています。

日本はジェネリック医薬品が入ってくるのが他の先進医療国と比べるとだいぶ遅かったですが、今はCMなども放送されたり、病院などでも勧められることが多くなって認知度は高くなっていることと思います。

世界で最も有名な薬の一つであるバイアグラには当然ながらジェネリック医薬品が沢山の種類があります。

当サイトでは色々なバイアグラのジェネリック医薬品のなかでも通販で手軽に購入できるものを紹介していますが、その前にそもそもジェネリック医薬品についてあまり良く分からないという人もいますよね。

ですからここではまずはジェネリック医薬品とはどういったものなのかを説明していきたいと思います。

ジェネリックという名前自体は知っているという人もいればジェネリック医薬品は効果がないという噂も出回っていますからそこの真偽について知りたいという人も多いでしょう。

先発医薬品と同等の効果がある

ジェネリック医薬品というのは先に発売された医薬品、例えばバイアグラと同じ効果が認められた薬のことを指します。そもそも薬というのは新薬を開発をしたところが独占的な権利を得ることが出来て大体10年から20年、25年など独占的な販売をすることが出来ます。

しかし、その期間が過ぎたら他の製造メーカーも同じように製造・販売をしていいのです。

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を同じ量使って作られているのですが、違いといえば飲みやすくしたり、色や味をつけても良いのです。
飲みにくいお薬を飲みやすくしたり、安定性を良くするためにあえて変えることもあります。例えばバイアグラのジェネリック医薬品では味がついていたり、フィルム型で水無しでも飲める医薬品などが販売されていますが、どの場合であってもお薬の効き目や安全性に影響しない範囲と定められてます。

効き目や安全性が同等であると確認するために【 溶出試験・生物学的同等性試験・安定性試験 】非常に厳しい試験をクリアしないとジェネリック医薬品と認められず発売することができません。

新薬の開発には10年~20年ぐらいかかると言われていますが、たとえ先に発売されている新薬のジェネリック医薬品といえども3年から5年もの開発期間がかかると言われています。

非常に厳しい試験をクリアして初めて販売が許可されます。

ジェネリック医薬品は安い理由

ジェネリック医薬品は先に発売された医薬品と比べるとかなり安くなっていることが多いです。製造メーカーによって値段の設定に違いがありますが、それでも先発医薬品の3割引や5割引で販売されていたりとかなりお得です。

なぜこんなに安く設定できるのかというとそれはジェネリック医薬品は開発コストをグッと抑えることが出来るという点です。

新薬の開発というのは非常に開発コストがかかります。

薬の種類にもよりますが、新薬の開発には長い開発期間がかかり、実験を繰り返し人件費などを含めると100億円近くかかることも珍しくありません。

それに比べてジェネリック医薬品はすでに販売されていて技術や成分が発表されているわけですから開発コストを実に10分の1ぐらいまで下げることが出来るケースもあるほど抑えることが出来ます。

開発コストが抑えることができる為に値段を安く販売できるのです。

ジェネリック医薬品は効果がないという噂

よくジェネリック医薬品は効果がない!とか服用したけど先発医薬品のほうが効果があった!という意見もたまにあります。

え?でもジェネリック医薬品は同等成分配合だから効き目も同じでしょ?って思うのは当然だと思います。

基本的には同等の成分が認められているからこそ製造・販売が認められているので普通に考えれば同じです。

ですから多くの人はジェネリック医薬品は効果が出ないという噂を鵜呑みにしてしまって思い込み(プラシーボ効果)によって効果が発揮されなかったと考えていいでしょう。

しかし、同等と同じという言葉は似ていますが、多少違いがありますよね。

ジェネリック医薬品で言うところの同等というのは±20%以内のことを指します。+20%から-20%で言えば最大40%もの開きがあります。

40%の差というのは大きいですし、20%の差も決して低くはないと言えるでしょう。

ですからもしかしたらジェネリック医薬品によって薬に差が生じてしまうことがありますよね。

バイアグラとジェネリック医薬品と比べるとちょっとジェネリック医薬品のほうだと勃起がいまいちというケースも確かに出てくる場合もあります。

ですが、全く効果がないというのはデマです。

ではバイアグラで言うとどんなジェネリック医薬品を使えばいいのか迷ってしまうという人もいると思いますが、その場合は製造元がしっかりしているのかどうかを見る必要があります。

特に医薬品個人輸入代行サイトを利用して通販で手に入れようと思っているのであればよりしっかりとした製造会社が作っているかどうかを調べるのが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする