バイアグラとロキソニンについて

バイアグラの副作用は顔のほてりや目の充血などが挙げられます。

色々な症状がありますので詳しくはこちらをご覧下さい。>>バイアグラの副作用について

個人によって副作用の症状は様々ですが副作用が出てきたらバイアグラの効果が現れてきたと思っていいでしょう。

基本的にバイアグラが作用する4時間から6時間で副作用は切れると言われていますが、個人差があったり、その日の体調などによっても色々と変わってきますが、特に頭痛などは副作用として現れることもあります。

性行為中に頭痛がしたら集中できないとか頭が痛くなってしまって全然楽しくないと思うかもしれません。

二日酔いのようなズキズキする痛みを抱えながらしたくないと言う人は頭痛薬のロキソニンならば併用して服用しても問題ありません。

ロキソニンといえば、今までは病院の処方がないと手に入れることが出来なかった薬でしたが、今はドラッグストアなどで購入することが出来ます。

非常に有名で頭痛薬として代表的な薬でもあるロキソニンは服用後すぐに効果を発揮します。バイアグラは空腹時でないと効果を発揮しませんので空腹時で服用することでロキソニンの効果もすぐに現れるので頭痛に悩まされることなく性行為が出来ると言えるでしょう。

ロキソニンを服用する際、空腹時で服用すると胃が荒れやすくなりますので胃腸薬もあわせて服用すればより万全となります。

バイアグラを服用して身も心も充実した性行為をしたいと思ったらロキソニンと胃腸薬を用意しておきましょう。

一緒に飲まなくてもバイアグラを服用して頭痛が今日はするなって思ってから飲んでも大丈夫ですので体調に合わせて服用するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする