バイアグラによる妊娠や胎児への影響

結婚をした当初は二人の時間を大切にしたいと言うことで妊活をしないで出来たらいいなぐらいにして二人で旅行に出かけたりして二人の時間を楽しんでいた夫婦もそろそろ子供を作ろうと思って本格的に妊活を使用と思ったときに夫がEDになってしまったと言うケースも実は珍しくありません。

というのは妊活ともなると月に三日ほどしかない排卵日の中で必ず性行為をして射精をしなければいけないということになります。

今まで性的欲求に任せて性行為を行っていたのが、子供を作るための性行為をしなければいけないということが事務的で作業的な感覚になってしまったことで性的欲求が沸きづらくなってしまったとか、性行為を必ずしなければいけないということがプレッシャーに感じてしまってEDになってしまう男性は多いです。

女性からしてみれば本格的な妊活に入りたいのにまさかEDになってしまうなんてって思ってしまうかもしれませんが、男性はちょっとしたことでEDになりやすいものです。

そこでED治療薬を使って性行為をしようと思っても妊娠や胎児への影響を考える人は非常に多いと思います。

もし妊娠しづらくなってしまうのではないか?とか生まれてくる子供に影響を与えてしまうのではないかと不安に感じる人は非常に多いと思います。

しかし、結論から言うと何の影響もありませんし、これまでにED治療薬が原因で染色体異常が出来たとか妊娠しなくなったという報告は挙がっていません。

ED治療薬は血管を拡張させる薬で勃起を収めようとする酵素PDE5を阻害させる薬なわけですから精子や卵子に影響を与えるものではありません。

不妊治療の専門医がED治療薬を渡すところをあるほどです。

妊活をしようと思ったときにEDになってしまう人もいるのでもし今までどおりに勃起に至ることがなくなってしまった時のために1錠渡してくれるところもあります。

専門医が渡してくれると分かったら安心できますよね。

どうしても不安だと思ったら不妊治療の先生に相談をするようにしましょう。

なかなか子供を望んでいても思い通りに行かない人も居ますよね。そんなときに不妊治療に通う夫婦も増えていっています。

女性は子供を望んでいますし、毎月生理が来るたびに絶望を味わっています。そんなときに男性が出来ることは性行為をしっかりとすることです。

妊活中にEDになってしまうことで女性からしてみればしっかりしてよ!って思ってしまって夫婦間がギクシャクしてしまうことになりますからED治療薬を使うことでしっかりと性行為が出来るようになるのは本当にありがたい薬だと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする