バイアグラの副作用について

バイアグラを服用した際の副作用について紹介していきたいと思います。

バイアグラを服用した人の多くが「顔の火照り」や「目の充血」が見られます。症状的に個人差はありますが、服用した人の9割以上がなると言われているので慌てずにバイアグラの効果が現れてきたと思えばいいと思います。

血管の拡張によって血圧も2~3ほど下がりますので血管が拡張されたことによって立ちくらみやめまいといった症状が起こる人も居ます。

他にはお酒を飲みすぎてしまったときなどの二日酔いのような頭痛や動悸、鼻づまり、色覚異常などが現れる人もいますが、バイアグラが効いてい4時間から6時間の間に収まります。

その日の体調によって頭痛がひどくなるときもありますが、そのときはロキソニン・イブ・バッファリン等の頭痛薬を一緒に服用しても問題ありません。

ただし、ロキソニンなどは空腹時で服用すると胃が荒れてしまう人もいますので胃腸薬を携帯をしたほうがいいかもしれません。

もちろん人によって頭痛は微々たるものと言う人もいますし、別に頭痛薬などは必要ないという人もいますから必ず用意をしておかなくてはいけないと言うことでもありません。

またバイアグラだけではなくて他のレビトラやシアリスなどにも副作用として同じ症状が起こると言われていますが、比較的バイアグラは副作用が出やすいと言われているので性行為をするまえに1錠服用してどれぐらい副作用が出るのかを検証してみてもいいと思います。

性行為に頭痛がすると集中できないと思うのであれば最初から一緒に併用してもいいと思います。

ただし、気をつけて欲しいのがバイアグラをはじめとしたレビトラ・シアリスには併用してはいけない薬と言うものがあります。

併用禁忌薬には十分気をつける必要があります。特にニトログリセリンをはじめとしたニトロ系を服用している心臓病を患っている人はニトログリセリンと併用すると効果が二重に発揮されてしまい、血管が拡張されすぎて血圧が著しく低下してしまう恐れがあります。

安易に服用して救急車で運ばれてしまったりした例もあります。

持病をお持ちの方で薬を服用している人はED治療専門の病院で相談をしましょう。

意外と身近な薬などが併用してはいけない薬にしてされているものがあります。

一例を挙げるのであれば水虫などのカビによる感染症の治療薬として内服の抗真菌薬なども併用禁止です。

不安な人はこちらの併用禁止薬をご覧になってください。>>ED治療薬の併用禁忌薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする