バイアグラの正しい服用方法

バイアグラの正しい服用法について紹介していきたいと思います。

バイアグラを服用するのであればより効果が体感したいと思うでしょうし、きちんとした服用をしないと最大限の効果は得られづらくなってしまいます。

正しい服用方法さえすれば効果が現れるということが臨床データを繰り返して実験結果となって現れて販売にいたっているわけですから是非とも正しい服用方法を覚えましょう。

1日1錠を厳守

バイアグラは必ず1日1錠を守って使うようにしてください。また1錠服用したら24時間空けるようにしてください。

特に日本で発売されていないシルデナフィル100mg配合された薬の場合は薬の効果がアジア人には強すぎるため日本では販売されていないわけですから2錠飲むと体に重大な影響を与えることがあります。

バイアグラをはじめとしたPDE5阻害薬というのは血管を拡張させて一気に血流を良くするものです。ですから服用しすぎてしまうと血管が拡張されすぎてしまい副作用が強く出てしまって性行為どころではなくなってしまうどころか最悪の場合死にいたるケースもあります。

安易に服用してしまって救急車で運ばれてしまったというケースもありますので使い方は間違わないようにしましょう。

むしろシルデナフィル100mgを服用する際は最初は半分にしてから服用して様子を見るようにしましょう。

飲み方はお酒も大丈夫

バイアグラを服用する際に飲み水は水しかダメなの?って思うかもしれませんが、意外と飲み方は幅広いです。

水やぬるま湯などで飲むのが一般的ですが、他にはお茶やスポーツドリンクと飲んでも問題ないですし、お酒と一緒に服用しても効果には影響が出ないと言われています。

ただし、お酒と一緒に飲む際に気をつけて欲しいのがバイアグラというのは血管を拡大されて血流を良くします。

ですから血流と一緒にアルコールが混ざってしまっていつもよりもお酒が回って酔いやすくなってしまう可能性が高いです。

そのためお酒に強い人ならばいいかもしれませんが、お酒に弱くて普段からあまり飲まないという人は普段より酔いやすくなるということを覚えておきましょう。

お酒は多少ならばリラックス効果もありますので男女間で話をするときはむしろお酒があった方がいいという人も多いでしょうが、酔いすぎてしまうと性的欲求が沸きづらかったり気持ち悪くてなって性行為どころではなくなってしまうので気をつけるようにしましょう。

牛乳などの脂質の多い飲料水で飲まないようにしてください。脂質が多いと体内に入っても吸収が阻害されてしまって薬の効果が十分に伝わらなくなってしまいます。

グレープフルーツなどの柑橘類はNG

意外と思われるかもしれませんが、グレープフルーツをはじめとして柑橘類と一緒に飲まないようにしてください。

フラノクマリン酸という成分が薬との相互作用があることが知られており、薬物代謝酵素阻害してしまいます。

特にグレープフルーツにこのフラノクマリン酸が多いことで知られていますが、他の柑橘類も極力避けてください。

薬物代謝酵素のシトクロムP450の効果を強く阻害させてしまい、薬の効果が強く出すぎてしまいます。

強く出るのであればいいのではないか?って思うかもしれませんが、副作用が強くなってしまうのです。

バイアグラはきちんと服用すればしっかりと効果となって現れます。それ以上に強く作用を実感させようとしても副作用のほうが強く出てしまう可能性があります。

出きる事ならば1日前からグレープフルーツなどをはじめとした柑橘類は避ける様にしましょう。

よくやってしまうのが生グレープフルーツサワーなどと一緒に飲んでしまってバイアグラを飲んでしまったりするケースがありますので注意してください。

バイアグラをはじめとしたED治療薬全般に言えることでもありますが、実は風邪薬なども危険ですので覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする